シンポジウム | ピンクリボンフェスティバル公式サイト

とあるピンボールマシン

Pink Ribbon Festivalピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンシンポジウム
―最新の乳がん医療トピックス―

どんなときも、
あなたは決してひとりじゃない。

乳がん専門医やあなたと同じ乳がんと
向き合っているゲストのお話を

動画でお伝えします。

動画配信スタート: 2023年10月1日(日)

ピンクリボンシンポジウムWEBプログラム

(抄録等さらに詳しい情報をチェック!)

動画① 講演「乳がんの診断と治療2023 ―最近の話題より―」

【略歴】
1982年 千葉大学医学部卒
聖路加国際病院外科にて研修
1997年 M.D.アンダーソン癌センターほかにて研修
2003年 聖路加国際病院外科医長
2005年 同ブレストセンター長
2010年 昭和大学医学部乳腺外科教授、同病院ブレストセンター長
2021年 同がんゲノム医療センター長兼務
2022年4月より現職
日本外科学会名誉会員、日本乳癌学会名誉会員、日本乳房オンコプラスティックサージャリ―学会顧問、一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構(JOHBOC)理事長、日本乳腺甲状腺超音波医学会(JABTS)名誉理事長

【主な著書】
“Hereditary Breast and Ovarian Cancer”(共同編集)(2021年)
『遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床』篠原出版新社(2012年)
『「乳がん」と言われたら・・・』保健同人社(2012年)
『乳がん 正しい治療がわかる本』法研(2008年)
『専門医が答えるQ&A 乳がん』主婦の友社(2006年)
『乳癌MRI診断アトラス』(編集・執筆)医学書院(2004年)
『悪性と間違えやすい乳腺の良性病変(共著・共執)篠原出版新社(2004年) 他

≪講演のポイント≫
1. 超音波検診の課題克服に向けた取り組み 
2. がんゲノム検査と遺伝性腫瘍について
3. 注目の新しい抗がん剤について
動画② 講演「デジタルテクノロジーがもたらす新たな乳がん診療の幕開け」

【略歴】
2001年3月 私立巣鴨高等学校卒業
2007年3月 群馬大学医学部医学科卒業
2007年4月-2009年3月 前橋赤十字病院初期研修医
2009年4月-2011年9月 群馬大学医学部附属病院 外科シニアレジデント
2011年10月-2016年3月 埼玉県立がんセンター 乳腺外科 医員 
2016年4月-2017年3月 群馬大学医学部附属病院外科診療センター乳腺・内分泌外科 医員
2017年4月-2020年3月 群馬大学医学部附属病院 外科診療センター乳腺・内分泌外科 助教(病院)
2017年10月-2019年7月 英国ノッティンガム大学医学部 病理学講座 留学
2020年4月-2023年3月 国際医療福祉大学医学部 乳腺外科学 講師
2020年5月-現在 群馬大学大学院医学系研究科 非常勤講師
2023年4月-現在 国際医療福祉大学医学部 乳腺外科学 准教授


【主な著書】
「腫瘍内科 7 乳癌におけるHER2評価の新展開」科学評論社,2022年
「乳癌疾患state of arts第6章 乳癌特性の分析・評価 32 乳癌術前治療におけるbiomarker(ER,PgR,HER2,Ki67,TILs)の変化」医歯薬出版株式会社, 2022年 
「特集:乳癌―診断・治療の最新知見― II.乳癌の診断 乳癌の病理診断における新たな展開」 日本臨牀, vol. 76, No.5, 2018年
「DCISのグレード分類と低リスクDCISに対する非手術臨床試験」 医学のあゆみ, Vol. 261, No.5, 2017年

≪講演のポイント≫
1. 医療現場に導入されようとしているデジタルツールの実状 
2. 乳がん診療のための新たなデジタル技術を生み出すための取り組みについて
3. 「定期的な乳がん検診」と「適切な乳がん治療」をより受けやすくするためのデジタルシステムの開発を目指して
動画③ 講演「乳がんとの向き合い方 情報収集のヒントと仕事との両立支援」

【略歴】
2003年3月 琉球大学医学部医学科卒業
2003年4月 沖縄県立中部病院 研修医、外科後期研修医
2008年4月 沖縄県立八重山病院 外科医員
2010年4月 国立がん研究センター中央病院 外科レジデント
2013年4月 国立がん研究センター中央病院乳腺外科がん専門修練医
2015年4月 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科部門 助教
2021年4月 診療科長補佐、医局長
2022年4月 同 講師


【主な著書】
乳腺画像診断最前線 南江堂 2013年 分担執筆
乳癌診療アプリケーションノート国立がん研究センター中央病院乳腺グループ 編集 南山堂 2014年 分担執筆
国立がん研究センターの乳癌手術書 南山堂 2016年 分担執筆
TNBC Q&A 2023年 医学書院 分担執筆

≪講演のポイント≫
1. 乳がんの標準治療とは
2. 乳がんと診断されたときの情報収集の仕方
3. 乳がんの治療と生活、仕事の両立
動画④ ゲストトーク「乳がんが教えてくれたこと」

【プロフィール】
東京出身、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了
1983年 株式会社サンリオ入社
結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社にて仕事復帰
2014年 サンリオエンターテイメント顧問就任
2015年 サンリオエンターテイメント取締役就任
2016年 サンリオピューロランド館長就任、2019年6月より現職

子宮頸がん予防啓発活動「ハロースマイル(Hellosmile)」委員長
NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事
一般社団法人SDGsプラットフォーム代表理事
松竹株式会社取締役
富国生命保険相互会社取締役

【プロフィール】
九州福岡出身
TNCテレビ西日本時代にはプロ野球ソフトバンクホークスなどのスポーツ番組を7年担当。
インタビューは延べ2000人を超え、結婚後はキャリアカウンセラーとして全国の大学・高校にキャリア授業を展開。
その他に心理学エニアグラムファシリテーター、健康管理士一般指導員、留学カウンセラー、マナー講師の資格も持つ。
2017年乳がんが見つかり、信頼できる医師と家族、友人に助けられて、もうすぐ5年が経つ

HOT LINE
日本対がん協会がん相談ホットライン
月〜日(年末年始を除く)10:00~13:00と15:00~18:00
※時間短縮しています。
※看護師と社会福祉士がご相談をお受けします。